2008/11/24

紫芋のムースを作る、手順写真入り

 田舎から自家栽培の紫芋を送ってきた。
 蒸かしてそのまま食べるのはもちろん最高においしくいただける。
 今回は芋の量が結構が多いので少し手のこった調理をしてみた。

 丁度、赤ワインが冷蔵庫にある。
 赤ワインに合うスイーツを作ってみる。
 と、言うわけで紫芋のムースを作ってみた。
 以下は紫芋のムースのレシピと作成奮戦記である。

 これが材料一式である。
 意外と少ないでしょう~。

Zairyo









 紫芋のムースの材料(200ccカップ6個分)
  ・紫芋 200グラム
   (中くらいの大きさの芋2本)
  ・牛乳 400cc
  ・粉寒天、またはゼラチン 4グラム
  ・ヨーグルト(無味のもの) 200グラム
  ・砂糖 60グラム
   (但し、芋自体が甘いので各自検討を…)
  ・生クリーム 100cc(私は最後の仕上げ用に更に50ccを使用)
  ・バニラエッセンス 少々



Imo01
 先ず芋の皮をむく。
 写真では3本に見えるが実際は2本である。
 形が悪い1本をカットしたのである。
 綺麗な紫色である。




Imo02 皮を剥いた芋を耐熱食器に入れて電子レンジ500ワットで約4分蒸して取り出す。
 芋は相当熱いので火傷をしないように注意しよう…。
 この間、平行で鍋にミルクを入れ弱火で煮る。
 熱が入ったら、粉寒天を入れてよく溶かす。


Suribati_2 芋が熱いうちにこれをすり潰す。
 すり鉢で十分である。
 と、思ったのだが中々難儀であり、力を加えても滑らかにはならず、芋の繊維がボソボソのこってしまう。
 時間の経過と共に、芋が冷めてきて、ヤバイ。


Milk02 芋のすり潰しでアタフタしているうちに牛乳が煮えてきたので砂糖を入れて溶かし込む。
 ああ、忙しい…。






Fpro01 すり鉢を使用した芋潰しは諦めた。
 そこで、神様、仏様、フードプロセッサ様の登場である。
 中途半端に粉砕した紫芋を投入する。
 あ、フードプロセッサ様は少し水も入れないとご機嫌を損ねて、滑らかに仕上がらないのでご注意を。


Fpro02 じゃ~んッ。
 さすがフードプロセッサ様。







Milk03 つぶれた紫芋を鍋に入れて、良くかき混ぜる。
 あっ、その前に鍋の火は止めよう。
 余熱でやるようにね。





Milk04 良~く、なじませて。
 だんだんそれっぽい色になってきた。







Milk05 ここで、ヨーグルトのご登場である。








Milk06 真打は、クリームである。
 







Milk07 とろ~り、とろ~り、となじませて。
 自分はここでバニラの香りを加える。
 そうすると、調理中の熱で飛ぶ香りが少なくなる。





Bat01 水を入れたバットの中のカップに鍋から流し込む。
 何故、こうするか?。
 いきなり熱いものを冷蔵庫に入れると冷蔵庫がびっくりするからである。
 こうやって余熱を冷ましてから冷蔵庫にいれよう!。


Bat02 心持ち、固まってきたら残ったクリームをカップの上から流し込む。
 そして上部を少しスプーンでかき混ぜる。
 それは何故か?。





Bat03 クリームの模様がマーブル上になって美しいからである。







Cup01 アップで見るとこんな感じ…。
 尚、今回はカップのまま食べるのでこれで良いが、型から取り出して器に盛り付ける場合は上下が逆になる。
 先にクリームを入れ、それからムース本体を少し流し込み、固まったらスプーンで軽くかき混ぜる。


 その後、器一杯にムースを流し込むこと。
 また、この場合はプラスチック型にしないと型から外れないのでご注意(プラスチック製の使い捨て紙コップのようなものが良い。型抜きするとき、上部に穴を開ければ、スポンとムース本体が抜ける)。


紫芋以外の費用は1000円でおつりがくる。
作成所要時間は最初からフードプロセッサを使えば約30分。

紫芋という食材が手元にあったこと、赤ワインに合わせるスイーツであること、ということで作成したが、紫芋ではなく、普通のサツマ芋でも同じようにできるので、お試しあれ。
この場合は甘さを控えると、芋焼酎と意外と合う。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/05/24

タコライス

以前知人からお土産にいただいたタコライスを作ってみた。
Dscn1059
なかなかいけると思う。
普通の白米を使用したのであるが、香りの付いた長粒のタイ米などで作成するともっと美味であるかも知れない。
ハラペニョソースや、香味野菜などを加えるといった、創意工夫をすれば独自の味付けで楽しむことができるのであろうが、今回は標準レシピで作成した。

これで一人前である。
コンソメでコトコト煮込んだ鶏モモ肉、そして鶏肉の肉汁が溶け込んだコンソメスープがサイドメニューである。
これを家族の人数分用意した。

Dscn1061

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/12/31

あんこうドッグ

冬の味覚の一つとしてアンコウがある。
そう、あのグロテスクで骨の無い深海魚である。
しかし、姿には似合わず、中々美味であることは確かである。

アンコウ鍋、ドブ汁、アン肝など酒好きにはたまらない冬の料理であろう。
冬は体がホカホカ温まることうけあいである。

以前、茨城の漁港でアンコウの吊るし切りを見たことがある。
要はアンコウの解体ショウなのだが…。
彼らは体を支える骨格が無い為、全体的にぶにゅぶにゅしており、包丁で捌きづらい。
そこで、絞首刑のように上から吊るして解体するのである。

最近は都内でも割りとポピュラーな料理となったようで、気の利いた酒家で手軽に注文できるようになった。
特にアン肝などは、日本酒で飲ってもうまいし、甘味の少ない(ジューシーでもフルーティーでもない、きつい奴)白ワインで飲ってもうまい。
何しろ、深海のフォアグラである。

関東近辺では茨城~福島~宮城にかけてが有名どころである。

何でこんなことを書いたかというと、面白いご当地パンを発見した為である。
その名もズバリ、「アンコウドッグ」。
ホットドックの中身のソーセージをアンコウのから揚げに置換した奴である。
意外とサッパリしており、私は好きである。
ただし、口の中にいれると、口中の水分がパンに吸い取られる為、から揚げが「ぼそぼそ」とした感じになるのがもったいない。
恐らくこの「アンコウドッグ」、味噌汁やポタージュ系スープに浸して食べれば、グーなのではないだろうか。
それとも「アンコウドーナッツ」みたいな揚げパンにするかだと思う。

常磐道上り守谷SAで売っている。

そういえば、同じ場所で「納豆大福」も売っていた。
決して乗り物の車内では食べない方が良いだろう。
納豆嫌いにとり阿鼻叫喚の地獄世界が始まってしまう(すごく臭い)。
あ、私は納豆大好きなので何でもないのだが。

Photo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/03/31

四谷の韓国家庭料理店 妻家房

 花見を兼ねて新宿区の四谷に行って来た。

 四谷の土手沿いの桜並木は満開でそれは見事なものであった。
 その昔、札幌から始めて上京した自分が東京で最初に体験した花見も丁度この場所である。
 とても懐かしい。
 あのころはまだ周囲に高いビルは少なく、土手の上から周囲をぐるりと見廻す事ができたのであるが、今は高層ビルが増えたおかげで昔ほどは展望が効かなくなっている。
 それでもお堀に面した側は広く開けているため閉塞間はあまり感じない。

 この場所はゆっくりと花見を楽しむには程よい場所なのかも知れない。
 人が少なく、上野公園や井の頭公園のような喧騒の中での宴席ではなく、本当にゆったりと時間を過ごすことができる。
 あいにく天候は曇り空で、青空とピンク色の花々の競演を満喫することはできなかったが、曇天の中で白くその存在を主張する桜の花もまた趣があり良いものである(少々寒かったが…)。

 桜見物の後はそのまま四谷三丁目の韓国家庭料理点「妻家房」本店まで足を伸ばした。
 どの料理も美味なのだが、私が気に入ったのは「バチチジミ」、「プルコギ」、「参鶏湯」である。
 他にも沢山食べたので腹がきつくなったが、低俗な辛さだけの安い韓国料理を食べた時に感じる、あのギトギトした食後の腹の重苦しさを感じることがないのはさすがである。

 料理の頼み方であるが自分は全ての料理を単品で注文したのであるが、最初はコース料理を注文するべきである。
 コースの中には店のお勧め料理が網羅されているので間違いはないであろう。
 そしてリーズナブルである。
 その後で単品の料理を注文すれば良いのである、自分ははじめからそうすれば良かったと反省することしきりである。
 飲み物は韓国のお酒を色々と楽しむことができるが、自分は韓国焼酎をボトルで注文することをお勧めする。
 これだと自分のペースに合わせて飲み方を調整できるし、また全部飲み干せなければ自宅に持ち帰って後の余韻を楽しめばよいのである。

 レストランの入り口は韓国料理素材の店になっており、見ているだけで色々と楽しめる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/06/05

ゴーヤー茶

沖縄帰りの人のお土産にゴーヤー茶をいただきました。
ニガ瓜のお茶です。
ティーバックとなっているので手軽に飲めます。
味は、そうですねー、プーアール茶を少し澱ませたという感じでしょうか。
悪くは無いし、なんだか体によさそうな気がします。

焼酎で割って飲むことも試しました。
何杯でもいけそうです(それでは体に良くないなー)。

”ゴーヤー茶”でネット検索すると販売元が沢山引っかかりました。
ダイエット向けの健康飲料として売っているところが多いですね。
私は焼酎の割草に良いかと……。(爆)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/10/27

復活した牛丼を食べて

 昼食は復活した松屋の牛丼を食べました。BSE騒ぎ以降、しばらく食べていないですね。食後の感想ですが確かに牛丼でした。しかしですね、うまく言い表せないのですが微妙に味が以前と違うのです。肉の産地が違うので肉質が異なり、味が変わるのは当然なのでしょうが‥。何というのか食後に口に残る後味が妙に油っぽいというのか、灰汁っぽいというのか(美味しいのですが)。早く、以前の味に戻って欲しいと思います。しかし、ここまで味を纏め上げることができるのはさすがだと思います。何処の営業店でも同じ味にする為のレシピを考えて、大量に横展開をするのですから、しっかりとしたノウハウがなければできないことだと思います。こういうところにその企業のパワーが隠されているのだと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/09/15

すき家で牛丼復活

 すき家が全店で牛丼を復活させるらしい。オーストラリア産牛肉を使用するらしいのだが、味は昔の味になるのだろうか。17日からしいので食べに行くぞ!。アメリカ産牛肉とは飼料が違うので肉の風合いが異なり同じレシピは使えない筈なのでどのような味になっているのか興味深々である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/08/07

全自動野菜スープ作成機

 明け方ですが、急に吐き気をもようして目が覚めました。首から頭にかけてがんがんと痛みを感じます。酒は飲んでいないので絶対に二日酔いではありません。水をがぶがぶ飲んで出すものを出してスッキリとしてから再度眠りました。今は何でも有りませんが一体なんだったのでしょうか?。夏バテか、はたまたストレスか。

 リビング機器の製造販売を行っているゼンケンという会社で面白い機械が発売されるようです。コンセプトは「シェフが作る本格的な野菜スープを簡単に」ということらしいです。野菜をサイの目切りにしてこの装置に放り込めば、粉砕、過熱、攪拌、煮込みまで全自動でできて、あと片付けも簡単とのことです。スープですと沢山の野菜を無駄にせず手軽に採取できましから、私もとても気になる商品です。


 ゼンケンのホームページ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/06/07

サッポロクラシック

 埼玉に戻りました。今、自宅です。荷物整理の後、ずっしりと脱力感湧出です。千歳の飛行場でサッポロクラシックを2缶購入してきました。今、こいつを飲りながらここを更新しています。この缶ビールを飲むのは10年振りになるのかなー?。昨年他界した友人と、10年前に道東へ旅行した時に現地で飲んで以来です。何といえばよいのか、色々と思い入れの深いビールです、このビールは。この缶が空いたとき、現実の生活にゆり戻されるそんな気がしています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

熊肉カレー

 千歳空港の売店で面白いお土産を発見しました。「熊肉カレー」です。説明が奮っています。「北海道の雄大な原野にすんでいる熊をカレーにしました」。なかなかシュールなコピーフレーズです。他にも「えぞ鹿カレー」、「トドカレー」なんてのもありました。もしアザラシカレーなんてのがあれば「北の海にすむとてもかわいらしいアザラシをカレーにしました」なんてなるのでしょうか?。私は熊、トド、鹿全て食べたことがあります。鹿については、北海道以外でも京都の大原や長野の諏訪の民宿で刺身にして出されたものを食べましたので、日本各地で食べる習慣があるのでしょうね。ただ野生動物を食べる時、自然環境のことを考えると少し複雑な気持ちになるのは確かです。味は個人的には鹿、熊、トドの順ですね。鹿肉は牛刺し、熊は馬刺しに近い感じです。トドはハッキリ言って脂臭くて美味しいものではありません(味噌煮込みで臭みを消して食べました)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)