« バセットホルン | トップページ | 老舗の風格 »

2007/10/07

トイレ修理

 トイレのドアを開けてびっくり。
 床が水浸しである。
 誰かがばら撒いたか!。
 いや、そんな半端な量ではない。
 水洗タンクの裏側を見回してみると、水が滴り落ちているではないか。
 タンクの蓋を開けてみると、タンク上にある手洗い用蛇口への連結ホースが劣化して水鉄砲のように水が噴出している。
 これがタンクと蓋の間からこぼれていたわけである。
 とりあえず、トイレの元栓を閉じる。

 さあ、どうしようか…。

 以前から水洗タンク内の黒玉が劣化しており、水がいつもちょろちょろ流れている状態であった。
 常に水が流れているおかげで、水鉄砲も噴出し続けている。
 修理すると2箇所だな。
 水道屋を呼ぶと工賃、出張代、部品代を含めて1万円近くになるだろう。
 おまけに日曜である。
 もったいないので自分で修理することにした。

 まずは自転車でホームセンターまで出かける。
 黒玉と連結ホースを購入、2千円でおつりがきた。

 工事開始。
 
 ①元栓を締める。
 ②水洗タンクの蓋を取り外す。
 ③古い黒玉を取り外す。
 ④古い連結ホースを取り外す。
 この間、約10分。
 手が水カビで真っ黒になり、でろでろ状態の為、一度手を洗う。
 ⑤新しい黒球をつける。
 ⑥新しい連結ホースをつける。
 ⑦通水試験。
 ⑧水洗タンクの蓋を取り付ける。
 ここまでで、約20分。

 工事完了。
 なんだ、簡単ではないか。

  

|

« バセットホルン | トップページ | 老舗の風格 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27597/16688148

この記事へのトラックバック一覧です: トイレ修理:

» 現場作業に欠かせない道具とは? [電動工具・DIY道具激安通販]
プロも使っている一流の工具を激安で紹介 [続きを読む]

受信: 2007/11/05 06:41

« バセットホルン | トップページ | 老舗の風格 »